MOS(MOUS)試験当日に気をつけることって?

MOS(MOUS)試験当日に気をつけることって?

マイクロソフト(Microsoft)が認定する資格MOS(MOUS)について、試験当日に注意しておきたいポイントなどをご紹介しましょう。
MOS試験会場に持っていくもの

  • 顔写真ありの身分証明書
  • 受験票
  • この2つは必須です。
    運転免許証をお持ちであれば運転免許証が手軽ですね。
    顔写真入りの身分証明書を持っていない場合は、複数の証明書を組み合わせて提示する必要があります。
    詳しいことは受験会場を主催するスクールなどへ、問い合わせて確認してみましょう。

     

    MOS試験会場に持ち込んではいけないもの

  • 飲食物
  • カメラ、ビデオ、メモ用紙

    カメラなどは試験内容を記録することができるため、持ち込みがNGとなっています。
    気軽な気持ちで携帯電話のカメラで撮影、なんてことをしないように注意してくださいね。 即退場となってしまいますよ。

     

    スキップ機能を活用して効率的に問題に挑戦する
    解答に手間取りそうな設問へ対しては、スキップボタンを押して後回しにすることができます。
    一通り最後まで解答した後、スキップした問題に戻って操作できますから、慌てずに判断することが大切ですね。

     

    ヘルプキー(F1)は使えません
    ヘルプ機能は、操作方法をキーワードで検索などで探せて、大変に便利ではあるのですが、MOS試験では使用できない環境が用意されています。
    公平性を維持するための処置ですので、しっかりと基本を身に付けて臨みましょう。

     

    最後に、あえて大きくは書いていませんが、カンニングや替え玉受験などの不正行為は「もってのほか」です。
    永久にMOS受験資格を失うこともありますから、悪意ある誘惑に負けないようにして下さいね。