MOS(MOUS)の難易度と合格率

MOS(MOUS)の難易度と合格率

マイクロソフト(Microsoft)が認定する資格MOS(MOUS)の、難しさ(難易度)というものは、どれ程のものなのでしょうか。

 

MOS試験については各科目で異なりますが、1000点満点のうち550点〜850点が、合格点(合格ライン)であると言います。

とは言いましても、世界共通の基準を維持するために、MOS試験の合格点は試験開催の度に見直されていたりするようです。

同じ科目であっても若干は上下があるということですね。


MOSの認定スクールや機関などが発表している統計データに、受験者数と合格者数がありますが、そこから判断すると合格率は9割程度のようです。

合格率が9割と聞くと「MOS試験って簡単なのか!」という印象を持ちますよね。


難しさ、という観点では、MOS試験はアプリケーション(ソフト)の使い方を、きちんと覚えるというだけの話です。

計算をして答えを導き出すような試験とは異なります。道具の使い方を覚える感覚ですね。


その難しくないことを、きちんとできる。

基礎的な知識を身につけている。

それを証明するのがMOSであると言えます。


証明されていない人と、証明されている人。
いかに簡単な認定試験だと評されたところで、その差は埋まることは無いと思いますよ。