オフィス使用者のための勉強方法

オフィス使用者のための勉強方法

既に職場などでオフィス(Office)製品を使用している方の中でも、マイクロソフト(Microsoft)が認定する資格MOS(MOUS)の取得を、検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
MOS試験は受験会場でパソコンを操作して解答する、完全に実技試験だけの内容です。
それ故に、実際の現場におけるオフィス製品の使用経験というのは、試験勉強に対しても実に有効に作用します。

 

IT関係の業界関係者はもちろん、事務や営業といった職種にあっても、オフィス製品は日本の企業へ広く浸透しています。いわば社会人であればMOS試験のための勉強を、半自動的に行っているも同然な世の中なのですね。
現場で必要に応じて使っていた機能であったり、やり方がわからずに同僚や先輩に教えてもらった機能など。それらが試験の中に盛り込まれているわけですから、慣れていれば慣れているだけ、MOSの合格率も上がりますね。

 

「仕事で使っているから大丈夫」と、安易に割り切るのも問題があると思います。実際のMOS試験で出される設問などを知っておくと、より確実な合格が保証されるはずですよね。
書店で販売されているテキストなどで、模擬試験などのチェックも忘れずに行いましょう。