mos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の概要

mos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の概要

マイクロソフト(Microsoft)が認定する資格、MOS(Microsoft Office Specialist)とは何なのでしょうか。

これは、マイクロソフト社が提供しているソフトである「マイクロソフトオフィス(Microsoft Office)」製品に含まれている、エクセル(Excel)、ワード(Word)、アクセス(Access)、パワーポイント(PowerPoint)、アウトルック(Outlook)の機能を、いかに理解しているか、どれだけ使いこなせるかを証明したい人のために、マイクロソフト社が資格認定をする制度のことなのです。


MOS資格は、2003年11月まで旧称「Microsoft Office User Specialist(マイクロソフトオフィスユーザースペシャリスト)」と称し、頭文字をとった略称で「MOUS」と呼ばれていました。
しかし「マウスの試験なの?」と勘違いされやすかったので、現在の「Microsoft Office Specialist(マイクロオフィススペシャリスト)」へ正式名称を改称して、その頭文字を取って「MOS」となったというわけです。
名前は「MOUS」から「MOS」へ変更されましたが、資格試験は同じ内容になってます。つまり同じ認定資格だと考えて良いですね。MOSへと改称したことで、今度は「ハンバーガー屋さんの資格?」などと勘違いされそうな雰囲気もありますよね。
たぶん企業の方々の中では間違えられる事はないでしょうが、履歴書に記載する際には、念のために、正式名称の「Microsoft Office Specialist Excel」などと記入した方が無難そうですね。
MOS資格試験の認定には、大きく分けると3種類あって、スペシャリスト・エキスパート・マスターがありますよ。日本語で表現するならば一般・上級・達人のような意味合いでしょうか。