MOS(MOUS)を取得するメリット

MOS(MOUS)を取得するメリット

ここでは、マイクロソフト(Microsoft)が認定する資格MOS(Microsoft Office Specialist 旧MOUS)について、取得するメリットをご紹介します。
就職活動の際、面接がありますよね。
その時に口頭で「エクセルできます。ワードできます。」なんて伝えても、どのくらいの程度まで扱えるものか、相手は、理解することなんて出来ませんよね。
自分がどの程度の知識を持っているかということを証明をしてくれるのが、マイクロソフト社が認定するMOS資格というわけです。
できるだけ有利な就職をしたいですよね。
特に派遣会社では、MOS資格を持ってるのと持ってないのでは派遣の報酬単価も変わってきます。有資格者を斡旋する側(営業さん)も推奨しやすいことでしょう。
また、派遣社員は派遣先が変わるごとに自身をアピールする機会があります。その際にも、資格名を伝えるだけで「なるほど、この人はパソコンができるんだ!」と安心感を与えることが出来るはずです。
現在、ほとんどの会社で作成されている資料は、マイクロソフト社のオフィス製品を使用しています。よって、マイクロソフト社の公認であるMOS(MOUS)資格は大抵の企業にとって有効・有益だと考えられると言えます。
あなた自身がパソコンを使用して、どこまでの処理を行えるかという証明になるということですね。また、そろそろ転職したいとお考えの方も、転職前にMOS試験を検討してみてはいかがでしょうか。
履歴書の資格取得欄に、「Microsoft Office Specialist Excel」なんて書かれていると、採用を検討する側からは一目置かれるかもしれません。
このように、MOS資格は就職や転職を有利に行う、貴重なステータスの1つと言えることでしょう。