Wordで実務に差をつける

Wordで実務に差をつける

マイクロソフト(Microsoft)が認定する資格MOS(MOUS)で、Word(ワード)の科目に合格できたら、その知識・技術を実務に活用してみましょう。
単にWord上で文書を入力することは、普通に使われている方でも可能です。
MOS経験者ならではの活用シーンを考えてみましょう。
まずは、ビジネス文書であれば用語や製品名などで、繰り返し入力することになる文字列でが登場すると思います。登録さえ行ってしまえば簡単に入力できるようになりますね。
MOS受験の知識のうち、これだけでも効率はアップすることでしょう。
MOSで出てきた技術を使えば、文書中に表を作成することも可能ですね。
表はExcelの方が得意とする分野とは言え、資料としてはWord文書内で記載すれば済むことも多いですし、あとあと必要になれば、表をExcelにコピーすることも可能ですからね。

 

最低限の操作ステップで業務を遂行できるのは魅力があります。
文書の中でグラフを作成する操作も、MOS受験の中にありましたね。特にビジネス文書であれば、数値が視覚的に把握しやすいグラフがあるだけでも、説得力が変わってくるというものです。
さらに、ビジネス文書では特に頻繁に登場する、箇条書きなども自動で振る機能がありますね。それらを活用すると効率的に文書を作成可能です。
MOSで身につけた技術を空気のように使いこなせるだけで、周囲から見た評価が大きく変化してくることでしょう。