Excelで実務に差をつける

Excelで実務に差をつける

マイクロソフト(Microsoft)が認定する資格MOS(MOUS)で、Excel(エクセル)の科目に合格できたら、その知識・技術を実務に活用してみましょう。
Excelを何となく使えているだけの人に比べて、MOS受験の知識があれば色々な作業を、きわめて効率的に遂行できるようになります。
MOS受験で使った財務関数や論理関数、統計関数のSUM機能などを用いれば、四則演算(+、−、×、÷)だけではなく、税額計算や合計・平均値などを施した表計算を行えますよね。

バラバラに入力された受注の情報などを日付の順に並び替えてみたり、オートフィルタの機能を使って、条件に一致するデータだけの表を作成したり、そういったこともMOS受験の知識で可能ですよね。


MOSで利用したグラフ作成の機能を用いれば、シート上に必要なデータを入力するだけで、グラフなどを織り込んだ資料作成も可能ですね。

シート上の数字を変更すれば同期してグラムも変更されますから、それぞれを手作業で作成している方に比べれば、かなり効率的に業務をこなしていると言えます。


他にも、コメントの機能を使って、Excelシートを使って作業する他の方に注意点を書き残せたり、各種テンプレートを使ってスピーディーに資料を作成したり、MOS経験者ならではの作業効率をアピールできることでしょう。